仕事が休めないのでぎっくり腰を最速で完治させた話

健康

こんにちは、ゆとりある生活を目指すアラサー、ゆとりです。

今回は私ゆとりがぎっくり腰になった話をします。

通常1〜2週間は痛みが取れないと言われるぎっくり腰ですが、ぎっくり腰を起こした翌日の仕事を休めなかったので最速で完治させてやりました。

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは正式名称が急性腰痛、別名“魔女の一撃”と言われる腰痛です。

重い荷物を持とうとして、お辞儀をした瞬間に、などなど、ふとした時に発症し通常1〜2週間ほどで良くなります。

ゆとり
ゆとり

日常動作で起こるので不意をつかれます。

状況は様々ありますが一般的には筋肉が緊張していることが原因で起こることが多いということです。

その場合はストレッチやマッサージが有効とされますが、痛みが酷くなる場合や違和感が取れない場合は無理をせず受診するようにしましょう。

また、安静にしすぎると症状が長引くというデータもあるようなので無理をしない範囲での日常動作は大切とされています。

ゆとり
ゆとり

安静にしすぎると筋肉の緊張が取れないからね。

受診をした際には痛み止めで対応することが多く、自然に良くなるのを待つという治療方針です。

痛み止めに関するまとめ記事もありますので、受診できない方は参考にしてみてください。

ただし症状が良くならない場合や繰り返す場合は必ず受診するようにしてくださいね。

私の場合

発症は仕事中

普段から腰痛があったわけでも、違和感を感じていたわけでもありません

仕事中に不意に発症しました。

よく「ビキッときた」と言う人もいますが、私の場合は

  • 「ん??なんか痛いかも。」から
    • 「あれ、やっぱ痛いわ」に変わり、最終的に
      • 「え??痛くて動けないんだが。」になりました。
ゆとり
ゆとり

仕事中はアドレナリンが出てるのかまだ動けましたが、

家に帰ったら途端に動けなくなりました。

とりあえず家に常備していた痛み止めのロキソプロフェンを飲み、なんとか痛みに耐えます。

ぎっくり腰でできなくなったこと

普段、腰痛すら感じたことがなかったので、こんなにも辛いものなのかと思い知りました。

  • 座る
  • 立つ
  • 横になる

すべての動作時に激痛が走ります。

ゆとり
ゆとり

腰を曲げられないので姿勢だけは変にキレイ。

私の場合は仰向けで寝た体勢が一番ラクでしたが、人によって楽な体勢は違うみたいなのでゆっくりと楽な体勢を探してみてください。

あと地味に辛かったのが着替え

背中が曲がる瞬間に唸り声が漏れてしまうほど激痛が走ります。

ゆとり
ゆとり

んぐぅおおぉおぉ

靴下なんて一生履けないんじゃないかと思いました。笑

痛みの経過

2日目が痛みのピーク。

仕事があったのですが午前中はお辞儀をするだけで息が止まるほどの痛みが走ります。

ゆとり
ゆとり

涼しい顔しながら脳内は「んぐぅおおぉおぉ」ってなってます。

しかしその日の午後からは痛みはあるもののゆっくりなら動ける程度まで回復。

3日目以降は違和感があるものの痛み止めはいらない程度。

5日もしたら完全に気にならなくなっていました。

ゆとり
ゆとり

長引かなくて良かった。

これだけ早く回復した私が取り組んだことを記しておきます。

回復を早めるために

私が取り組んだことは

  1. 上手に痛み止めを使う
  2. 湯船に浸かる
  3. できる範囲でストレッチ
  4. プロテインを飲む

上手に痛み止めを使う

痛み止めは痛みを抑えるだけでなく、炎症を抑える働きもあります。

そのため痛みが辛いうちは上手に痛み止めを使いましょう。

更に痛み止めの選び方、使い方のポイントもまとめてありますのでそこも要チェックですよ。

湯船に浸かる

前述したように一般的なぎっくり腰は筋肉の緊張から起こります。

普段はシャワーで済ませてしましますが、筋肉の緊張をほぐすためにしっかり湯船に使って芯まで温まるようにしました。

ゆとり
ゆとり

あたたまると楽になる場合の人にはとってもおすすめ。

血流を良くしてくれる入浴剤なんかも使ったらもっといい感じですね。

できる範囲でストレッチ

これ、絶対に無理はしないでくださいね

ぎっくり腰やりたての時はお辞儀ですら辛いんですから、ストレッチなんてもってのほか。

ゆとり
ゆとり

「心頭滅却すれば火もまた涼し」の精神でやり過ごすしかないよ。

少し体が動かせる程度に痛みが収まってきてからギリギリの範囲で腰を重点的に伸ばしてあげましょう。

これも筋肉の緊張をほぐす事に繋がります。

ストレッチのときに体の他の部位も緊張してることに気付くことでしょう。

プロテインを飲む

これは完全に私の持論です。

ぎっくり腰は筋肉が損傷している状態だと言われています。

それならば筋肉の回復を助けるプロテインを飲んだらいいじゃない!ってことで使ってみました。

ゆとり
ゆとり

毎日飲んでたプロテインを切らしてるタイミングのぎっくり腰だったので、

「タンパク質不足や!!」とひらめきました。ドーン!!

たまたまなのか何なのか、実際早く治ったので私は今後もプロテインを続けていきます。

労災について

私の場合、仕事中のぎっくり腰ということもあり労働災害保険が適応になる場合もあります

しかし次の日が仕事で病院に行かなかったり、そうこうしている内にすっかり良くなってしまったので病院にすらかかっていません。

もしも仕事中の作業が原因でぎっくり腰を起こし、早めに病院を受診できる方は会社に報告した上で病院を受診し、指示を仰ぎましょう

ゆとり
ゆとり

就業時間であっても労災の対応になるものと、ならないものがあるよ。

まとめ

以上、ぎっくり腰をやらかしても仕事を休めない、社畜による社畜のためのぎっくり腰対策でした。

というのは冗談ですが、お休みをもらえるのであればそれに越したことありません、しっかり休みましょう。

ゆとり
ゆとり

個人差はあるからくれぐれも無理は禁物!

それが無理な時は是非今回紹介した方法を真似してみてくださいね。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました