【ブログ初心者】77記事毎日投稿した私が感じた毎日投稿のメリット・デメリット10選

ブログ

こんにちは、ゆとりある生活を目指すアラサー、ゆとりです。

以前当ブログの報告記事で「毎日投稿を心掛けている」と豪語した私ゆとり。

はい、無理でした。

今回はそんな私が毎日投稿をした77日間に感じたメリットとデメリットをまとめます。

毎日投稿の状況

このブログでは私ゆとりが

  • 資産(20年以内のセミリタイヤ計画)
  • 健康(ドラッグストア薬剤師)
  • 日常

に関する情報を発信する、いわゆる雑記ブログです。

私はブログを運営するのは当サイトが初めてのブログ初心者です。

詳しい内容はこちらを御覧ください。

そんな当ブログですが、毎日投稿の期間は77日間。もちろん記事も77記事

ゆとり
ゆとり

ラッキー7!!

ブログを立ち上げた当初は「アレも書きたい」「コレも書ける」と考え、毎日投稿を意識しなくても投稿が続いているような状態でした。

しかし50記事を超えたあたりから日に日にネタに困り始め、結果残した記録は77。

この結果を無駄にしないよう、ここから感じたメリット・デメリットを5つずつまとめました。

メリット

まずは毎日投稿を続けて感じた5つのメリットから見てみましょう。

文章力が身につく

毎日文章を考える、打ち込む、見直すという作業を行うので単純に文章を作成することに慣れてきます。

作成する力だけでなく、見直した際に第三者から見てもわかりやすいかどうか意識するため文章力が身につきます。

対面で話す場合にも文章力が身につくことは大きなメリットで、「話の途中で何を話していたかわからなくなる」という方は文章にして練習するとものすごく会話が楽になります。

ゆとり
ゆとり

私も本業の接客時に活かしています。

時間を無駄にしなくなる

毎日投稿は楽ではありません。

それなりに時間を確保して記事を書き進める必要があります。

そうすると必然的に普段だったら何もせずボーッとしてた時間やゲーム・テレビをしていた時間等を執筆に当てることになります。

私はこのことで休日に「あー、今日も何もしないで終わっちゃったなぁ」という感覚が随分減りました。

ゆとり
ゆとり

3記事も書きあげたの?頑張ったなぁ。

センサーを張り巡らせる

毎日投稿の一番の強敵はネタ切れです。

逆にネタさえあれば毎日投稿はさほど難しくないのではないかと思います。

そんなネタをどこからもってくるかというと変哲もない日常なんですよね。

普段だったら気にもとめないような疑問も「ネタになるかも」と調べてまとめてみたり、自分の体験記もブログにまとめようと思ったら細かいところまで注視することでしょう。

そうすることで今まで代わり映えしなかった日常がなんだか違って見えるようになり、とても新鮮な体験ができます。

ゆとり
ゆとり

あれ、こんなところにお店できたんだ。

今度行ってみよう。

ある意味の適当さを知る

毎日投稿を続けていると(自分で考えている)記事の質を落とさざるを得ない瞬間がやってきます。

テーマにインパクトが足りない、なんとなく文字数が少ない気がする、色分け・太文字が使いこなせない、画像の差し込みが少ない、、、

しかしこれらを全て完璧に仕上げるまで投稿しないとなると、結局何も投稿せずに終わってしまうのが関の山でしょう。

ゆとり
ゆとり

こんな質の低い記事、ネットに挙げていいんだろうか、、、

そして一番言いたいのが(自分で考えている)という括弧の部分です。

自分なりに考えてベストの記事が出来上がったとしても他の人にとってもベストとは限りません。

むしろ適当に書いたつもりの記事のほうが読まれるなんてこともざら。

よってベストではなく、ベターもしくは最低限のゴーのラインを知る上では毎日投稿で追い詰められた経験もバットとは言えないでしょう。

ゆとり
ゆとり

急にルー○柴さん

もちろん適当を知るのは構想や記事のネタであって、信憑性や信頼性を損ねるような適当な記事を書くのはだめですよ。

リピーターができる

これはブログ初心者では難しいかと思いますが、ブログにファンがついた場合、毎日投稿をすることで毎日見続けてくれる人ができるのもメリットと言えます。

みなさんの中にはもうそこまでハマってはいないゲームなのにログインボーナスだけは欠かさずもらっているという人もいるのではないでしょうか?

もちろん何かの役に立ったり面白いブログを書くことが一番ですが、ブログを更新するという行為そのものが誰かの娯楽やルーティーンに組み込まれたらこれ以上最強な状態はありませんよね。

ゆとり
ゆとり

YouTubeでも毎日投稿企画が流行ってますよね。

科学的にも1週間に1回よりは3日に1回、3日に1回よりは2日に1回、2日に1回よりは1日に1回のほうが確実に習慣化するというデータが出ていますよ。

デメリット

さてメリットの次はデメリットを5つ見てみましょう。

時間が足りない

ブログを専業で書いている方でもない限り普段の生活の時間を削ってブログの執筆に時間を当てなくてはいけません。

そうした場合単純に時間が足りないと感じることでしょう。

中には残業するな、飲み会に行くな、寝る時間を削れなどとおっしゃるブロガーさんもいますが、多くの人が実践できることではないと思います。

そうなった場合に時間の確保ができない人、もしくは周りの理解を得ずに全ての時間をブログに捧げてしまう人は確実に挫折してしまうでしょう。

ゆとり
ゆとり

自分の価値観、大切な人との時間などのバランスが大切。

あまりにも酷い記事が出来上がる

ネタ切れともなるとなんとか記事を投稿しようとして「こんなの誰が見るんだよ」という記事が生まれたりします。

読者はいるはずもありませんし、時間が立って見直したときに自分でも書いたことすら忘れていたりします。

それなら時間がかかっても自分が書きたいと思った内容・誰かの役に立つ内容の記事を書いたほうが有意義ですよね。

ゆとり
ゆとり

自分で見返すのも恥ずかしい。

大作がかけない

大作といっても小説ではありませんが、ブログも下調べや構想を練る時間が必要です。

私もいくつか記事にしたい体験記もあるのですが、それをまとめて記事にしようとした場合、どうしても今の処理能力では時間がかかって毎日投稿に間に合わない、なんてことがありました。

そうなると比較的軽いテーマのものをどんどん書いて投稿するしかありません。

軽いテーマのものも書きたい記事だったのでいいのですが、この先も毎日投稿をすると考えたときにどうにも不自由さを感じてしまいました。

ゆとり
ゆとり

自分が好きで始めたブログなのに自由にかけないなんて!

義務に変わってしまう

当ブログは私ゆとりが好きなことを好きなように書く為に始めたブログです。

最初のように意図せずに毎日投稿ができていたという状況ならいいですが、義務にすり替わってしまうと前提が変わってしまいます。

人間は人生をコントロールできていると感じることで幸福度が増す生き物ですので、義務に変わってしまた時点で幸福度は減ってしまいます。

ゆとり
ゆとり

私も義務と感じた瞬間に幸福度がだだ下がりするタイプ。

もちろん、今は苦労をしても後に大きな幸福感に変わるという場合もありますので一概には言えません。

これもやはり自分の価値観と合うことなのか考える必要はあるでしょう。

数字ばかりが気になる

こちらも何を目的にブログを書いているのかによりますが、多くの人にいい影響は与えないでしょう。

毎日投稿には毎日自分の労力と精神力をすり減らした上に成り立っています。

グーグル検索で「ブログ 毎日投稿」と打った際の予測検索に「辛い」「無理」と出てくるような修行なのです。

そんな思いをして毎日投稿した記事たちが一度も読まれないとなったときにあなたは耐えられますか?

しかも毎日更新を何日続けたら結果が出るなんてことも保証されていません。

そうなるとゴールの見えないマラソンのような状況ですよね。

唯一目に見える指標はPV数や収益といった数字のみ。

それらの数字が気になるあまり、そして0から抜け出せないことで途中で挫折してしまう人が多くいるのも事実です。

ゆとり
ゆとり

本当にあった怖い話。

まとめ

以上、毎日投稿のメリットとデメリットを5つずつまとめました。

メリット

  1. 文章力が身につく
  2. 時間を無駄にしなくなる
  3. センサーを張り巡らせる
  4. ある意味の適当さを知る
  5. リピーターができる

デメリット

  1. 時間が足りない
  2. あまりにも酷い記事が出来上がる
  3. 大作がかけない
  4. 義務に変わってしまう
  5. 数字ばかりが気になる

私個人に意見としては毎日投稿に挑戦したことは大きな意味があったと感じます。

なので同じく初心者の方がいたら経験として毎日投稿をするのはアリだと思います。

ゆとり
ゆとり

最初に経験できてよかった。

ただし今後も毎日投稿を続けるかと聞かれたら答えはNOでしょう。

ある程度の記事数がたまったら後は好きなことを書く・リライトする・分析して修正するなどそれぞれの目的にあった運営方法を取るのがいいのかなと感じます。

ゆとり
ゆとり

新たなフェーズへ。

みなさんも自分の価値観・目的にあった運営方法を見つけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました