スポンサーリンク

【実体験】禁酒の失敗パターンを理論的に考察して成功につなげた話。

健康
スポンサーリンク

こんにちは、ゆとりある暮らしを目指すアラサー、ゆとりです。

今回は私が実際に禁酒を成功させたときの話をしていきます。

失敗談も赤裸々に公開してますのでお楽しみに。

お酒をやめたいと思っている人は必見ですよ。

スポンサーリンク

アルコールの適量

「酒は百薬の長」なんて言葉がありますが、少量の飲酒であれば死亡リスクを下げることが示される研究が出ています。

そのため「健康日本21」では節度ある適度な飲酒量として1日平均20g(日本酒1合弱)と定めています。

※適量は個人により異なり一概にはわからないこと、高血圧・脂質異常症・脳出血などはアルコールを少量でも飲むとリスクがその分上昇することが記載されています。

厚生労働省e-ヘルスネットより(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-001.html)

でもね、一つ言いたいんです。

ゆとり
ゆとり

酒好きが日本酒1合弱で満足できるとでもお思いですか!?!?

おっと、取り乱しました。申し訳ございません。

そう、今回は私が犯した禁酒失敗パターンの大きな原因がココにあるのです。

スポンサーリンク

失敗談3選

私の酒癖はとにかく悪かった。

仕事のストレスをお酒で解消しようとした典型的なパターンです。

詳しくはこちら。

一応、頭では

ゆとり
ゆとり

お酒をやめないと…

と、理解はしているつもりなんですが、

ゆとり
ゆとり

お酒がなきゃやってられないよ!

とも本気で思っていました。

そこでまず考えたのがお酒の量を減らす作戦

お酒の量を減らす作戦

上記したように「日本酒1合弱」ならむしろ体にいいという理由で、晩酌の量を減らすことを試みます。

1日目はいいんです。流石に決意したその日ですから。

でもね、2日目からすでに辛いんですよ。

ゆとり
ゆとり

ストレス発散のためにお酒を飲んでるのに、お酒を我慢してストレス溜めたら本末転倒では??

そう思って、3日と持たずに私の禁酒は失敗に終わりました。

しかし、なんとしてでもお酒との正しい距離感を見つけなくては。

次に私が決行したのは休肝日作る作戦でした。

休肝日作る作戦

毎日飲んでいたお酒を2日に1回、3日に1回にしたらいいのではないかと考えます。

でもね

ゆとり
ゆとり

休日の前の日ってお酒飲みたくなるじゃない?

ゆとり
ゆとり

忙しかった日は自分にご褒美あげたくなるじゃない???

気付いたら毎日飲んでました。

ここまで来たら私は奇行にうつります。

お酒が嫌いになるまで飲み続ける作戦

はい、今なら馬鹿だったとわかります。

でも当時は至って真面目に考えていました。

ゆとり
ゆとり

このときの自分が恐ろしい。

とにかく度数の高いお酒を買ってきて意識が朦朧とするまで飲み続けました。

頭は痛いし、気持ち悪いし最悪です。

ゆとり
ゆとり

これでしばらくお酒はいいや

とはならないのが人間の恐ろしいところ。

二日酔いも治った頃には残っていたお酒に手を伸ばしていました…

そんなんで禁酒できたの?

結論から言うと、条件付きの禁酒に成功しています

条件というのは「一人のはお酒を飲まないこと」

私の場合、誰かと飲んでいる時は酔っ払っていても理性が働き、きちんと自制できるのです。

あとは単純にお酒は好きなので楽しく飲める場では自分にお許しを出してるって感じ。

この禁酒に成功してからはお酒を一度も買わなくなり、仕事帰りに

ゆとり
ゆとり

まだ家にお酒残ってたかな?

と、心配することもなくなりました。

ただしこれはあくまでも私の成功パターンで、すべての人がこのパターンに当てはまるとは考えていません。

私の事例をもとに、どこに成功の要因があったのか考察していきます。

禁酒を成功させるには

禁酒を成功させた要因は3つ。

  1. 明確なきっかけ、目的
  2. 一旦お酒の摂取をなくす
  3. 自分の失敗パターンに気付く

明確なきっかけ、目的

何だがビジネス書っぽくなってしまいますが、自分の腑に落ちる明確なきっかけとか目的って必要。

  • 周りに言われたから
  • 健康診断で引っかかったから
  • 良くないのはわかっているから

という、周りや世間常識からのきっかけではどうしても言い訳を思いついてしまうのが人間なんですよね。

ゆとり
ゆとり

私も陥っていた「理解しているつもり」状態

ただ

  • 仕事の生産性をあげるため
  • 自分が家族を守るため
  • 飲酒が様々な疾患のリスクになっているため

とか大げさなきっかけ、目的でなくていいんです。

私の場合はお金がきっかけでした。

その時は700ml1000円程度のウイスキーを2〜3日で飲んでいました。

ゆとり
ゆとり

ウイスキーの適量は1日60mlだよ。

ある時家計簿を見てて気付いたんです。

ゆとり
ゆとり

食費高いな。あれ、1/3が酒代じゃね?

わぁ、お酒って高いんだ!!

本当にそんな小さな気付きがきっかけで禁酒に成功しました。笑

だから

  • 禁酒して痩せたらモテるんじゃね?
  • お酒じゃなくても美味しい飲み物あるくね?

とかそんな感じで全然オッケー。

ポイントはただただ自分の腑に落ちているか

これを見つけられたら半分は成功したようなもんです。

一旦お酒の摂取をなくす

さあ、続いての成功要因は一旦お酒の摂取をなくすこと。

私の失敗談を見てもらったように、量を減らすとか間隔を開ける方法って実は難易度高いんです。

それはお酒を我慢した結果、お酒がご褒美化してしまっているから。

ゆとり
ゆとり

仕事の帰り道はずっとお酒のこと考えてたなぁ

なのでお酒は一旦一滴たりとも摂取してはいけません!!

その時のポイントは手の届くところにお酒を置かない、お酒を目に入れないこと。

家にあるお酒はすべて処分して、スーパーのお酒コーナーにも近づいてはいけません。

最初の1〜2週間はどれだけそれを守れるかが勝負の鍵。

それ以降は体も気持ちもお酒がないことに慣れてくるので、そこまでは頑張るしかありません。

ゆとり
ゆとり

大丈夫、あなたならできる!!!

自分の失敗パターンに気付く

最後の成功要因は自分の失敗パターンに気付くこと。

これも結構大切で、多くの人はこのパターンにハマっています。

私の場合は「1人でお酒を飲むこと」

誰かとお酒を飲む時は自制できるのに、一人の時はどうしても自制ができませんでした。

その解決策が「1人のときにお酒を飲まないこと」なんです。

ゆとり
ゆとり

失敗パターンに気付いて潰していこう

なので

  • お風呂上がりに一杯飲みたくなる→お風呂上がりの一杯を牛乳に変える
  • 新しい味が出たら試したくなる→お酒コーナーに近寄らない
  • ストレス発散で飲みたくなる→発散方法を筋トレにする、そもそものストレスを感じる要因を潰す

など、自分に合った成功パターンを見つけてみてください。

まとめ

以上、私の失敗談をもとに禁酒への成功要因をまとめてみました。

  1. 明確なきっかけ、目的
  2. 一旦お酒の摂取をなくす
  3. 自分の失敗パターンに気付く

この3つを守れたらあなたの禁酒成功率は格段に上がっていることでしょう。

さぁ、自分の成功パターンを見つけて健康な禁酒ライフを始めちゃいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました