【パンメモ】台湾カステラの作り方

パンメモ

こんにちは、ゆとりある生活を目指すアラサー、ゆとりです。

今回は私の趣味の時間、【パンメモ】台湾カステラの作り方。

今回は型を作る段階から、あるYouTuberさんのレシピを参考にさせていただいてます。

台湾カステラとは

台湾カステラとはその名の通り台湾発祥のカステラのこと。

一般的なカステラとの違いは泡立てたメレンゲを生地と混ぜ湯煎焼きするところ。

そうすることで日本のカステラとは違ったふわふわぷるぷるな食感に焼き上がります。

ゆとり
ゆとり

新しい触感に病みつき!

材料

  • 牛乳パック:1個
  • ホチキス:適宜
  • アルミホイル:適量
  • クッキングシート:適量

生地

  • 薄力粉:120g
  • バター:120g
  • 牛乳:120g
  • 卵黄:7個
  • バニラオイル:20滴
  • 卵白:7個
  • 砂糖:120g

作り方

  1. 牛乳パックを底と側面4つに切り離す
  2. 側面パーツをホチキスで止め型の土台を作る
  3. アルミホイルで型の底を作る
  4. 型の大きさに合わせてクッキングシートを設置

生地

  1. 卵を卵白と卵黄にわけ、卵白は冷蔵庫で冷やしておく
  2. 生地1を作る
    1. 薄力粉を振るったものに弱火で溶かしたバターを加え混ぜる
    2. 牛乳を人肌に温め生地に追加して混ぜる
    3. 卵黄とバニラオイルも加え混ぜる
  3. 生地2を作る
    1. 卵白でメレンゲを作る
      • 砂糖は数回にわけながら
      • メレンゲは角がお辞儀する程度
  4. 生地1と生地2を混ぜる(メレンゲを潰さないようにさっくり)
  5. 型に流し込んで湯煎焼き
    • 150℃ 60分
    • 天板には2センチ程度の高さでお湯を張る

写真一覧

型の完成形

薄力粉とバターを混ぜて

牛乳加えて

卵黄とバニラオイル加えて生地1完成。

砂糖分割しながらメレンゲ泡立てて生地2完成。

生地1と生地2混ぜて本生地完成。

型に流し込んで湯煎焼き

出来上がり。

まとめ

以上、台湾カステラの作り方でした。

今回私が作った台湾カステラのように表面が割れないようにツヤっとした焼き上がりが好きな方はメレンゲを固く泡立てすぎないのがポイント。

ゆとり
ゆとり

加減が難しい。

最近では日本にもお店がオープンして人気の台湾カステラ。

これがお家で作れたら家にいながらインスタ映え間違い無し。

見た目だけでなく台湾カステラ自体も美味しいので、パクパクすぐに食べ切れてしまいます。

余った分は冷凍保存もできるので小腹がすいたときのおやつとして作り置きするのもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました