【あなたの水虫が治らない理由】ブテナロック、エクシブ、ラミシールの違いを徹底比較

ブテナロック、エクシブ、ラミシールの違い 健康
スポンサーリンク

水虫を疑ったときに商品を検索してみると、たくさんのものが出てきますよね。

違いは何?

どれが一番おすすめ?

と迷ってしまいますよね。

このページではブテナロック、エクシブ、ラミシールの商品を徹底的に比較します。

後半には、「薬が効かない……。」「なかなか治らない……。」という、水虫が治らない理由と解決策についてまとめてあります。

最後まで読めば自分に合った商品を選べるようになりだけでなく、1シーズンでしっかりと水虫を治すための知識も備わりますよ。

スポンサーリンク

ブテナロック、エクシブ、ラミシールの違いを徹底比較

ブテナロック、エクシブ、ラミシールの違いを徹底比較

では早速商品の違いについて見ていきましょう。

実はブテナロック、エクシブ、ラミシールの違いはほとんどありません

というのも、それぞれの中身を見てみると、こちら。

殺真菌薬かゆみ止めニオイ菌の殺菌
ブテナロックブテナフィン5種
エクシブテルビナフィン5種
ラミシールテルビナフィン3種

中でも、水虫の治療に一番大切な「殺真菌薬」という成分として、ブテナロックはブテナフィン、エクシブとラミシールはテルビナフィンを使っており、この2つの殺菌効果はほとんど同じです。

ちなみに、『ニオイ菌の殺菌』に使われている殺菌薬は水虫菌には効果を示しませんので、あくまでサポート成分程度で見ておきましょう。

じゃあ、何で選べばいいの?

と言う人の中で、かゆみが出ている人はブテナロックエクシブを選びましょう。

効果の高いかゆみ止めが多めに配合されています。

あとはシンプルに『値段の違い』で選んでしまって大丈夫。

ドラッグストアの店頭でチェックしてみたところ、エクシブよりもブテナロックが割安でしたが、ネットの最安値はどちらも同じくらい安くなることが判明しました。

後に説明しますが、水虫を治すためには薬をケチらずに使うのが何よりも大切になります。

ネットで少しでも安く手に入れて、たっぷり使ってしっかり治しましょう。

スポンサーリンク

あなたの水虫が治らない理由2つ

あなたの水虫が治らない理由

さて、自分に合いそうなお薬は選べましたでしょうか?

水虫を治すとき、正しいお薬が選べるだけではまだ30点。

正しい治し方を知らないと、

薬を使っているのに良くならない……。

毎年ぶり返す……。

ということになってしまいます。

ここからは、水虫を治すために大切なポイントについて2つ解説していきます。

  1. 量が足りない
  2. 期間が足りない

どちらのポイントも『薬はケチらずたっぷり使う』こと。

それぞれ見ていきましょう。

ポイント1:量が足りない

水虫薬を塗るときにどれくらいの量を塗っていますか?

かゆいところだけ、皮がむけているところだけ……。

という人も多いのでは?

しかし、普通に塗っている人は量が足りていないことがほとんど

一見症状が出ていないところにも水虫菌は隠れていますので、最低でもひと回り広い範囲にまで塗るのが正解。

手が汚れないスプレーやミストタイプもありますが、細かいところに塗り残しができてしまいやすいのでおすすめしません。

できたら、刺激の少ないクリーム浸透力の良い液体を使いましょう。

菌を塗り拡げないように“外側から内側”に塗るようにしましょう。

水虫の薬は先程比較したように、殺菌の効果は同程度のもの。

手頃な値段のものを選んで、大胆にたっぷり使うようにしましょう。

ポイント2:期間が足りない

水虫の薬を使っていると、早い人だと2週間位で症状が収まってきます

ただし、そこでやめないのが大切!

そこでやめてしまうと、皮膚の奥にひそんでいた退治しきれていない水虫菌が繁殖、ぶり返す原因になります。

使ってる間はいいんだけど、毎年水虫になる……。

という人はまだまだ水虫菌を退治しきれていない証拠。

症状が収まってから、最低でも1ヶ月、できたら3ヶ月位は薬を続けましょう。

何度も繰り返しているように、薬は手頃な値段のものをたっぷり使うのがポイントです。

まとめ:薬は手頃なものを、ケチらず大胆に使おう!

薬は手頃なものを、ケチらず大胆に使おう!

以上、ブテナロック、エクシブ、ラミシールの違いでした。

これらの3つの違いはほとんどありません。

殺真菌薬かゆみ止めニオイ菌の殺菌
ブテナロックブテナフィン5種
エクシブテルビナフィン5種
ラミシールテルビナフィン3種

殺菌成分もほとんど効果は同じものですので、

高くても、少しでもいいものを!

というよりは、

手頃なものをケチらず大胆に使う!

というのがおすすめになります。

薬局やドラッグストアよりもネットのほうが安く買えますので、ご自身で利用しているサイトを利用してゲットしてみてください。

参考▶【新人からベテランまで】ドラッグストア薬剤師におすすめの勉強本10選!

参考▶【試験合格後】登録販売者が現場で役に立つおすすめの勉強本10選

もし今回の内容がいいなと思っていただけましたら、下のボタンをポチッとしてもらえたら嬉しいです。

あなたのサイトやブログへのリンクも気軽にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました