スポンサーリンク

1日2食は本当にいいのか?1年間続けた結果に驚愕

1日2食は本当に良いのか? 健康
スポンサーリンク

最近、1日2食について様々なメディアで取り上げられるようになり話題ですよね。

でも

1日2食って実際どうなの?

どんな人におすすめ?

と感じる人も多いようです。

そこでこのページでは1日2食生活を続けて1年の私が実際に続けてどんな結果が待っていたのかを紹介します。

興味を持ってもらえたら、後半には実際に私の1日2食のタイムスケジュールや食べているものも簡単に載せておきますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1日2食(オートファジー)生活って?

私が1日2食生活をするきっかけになったのが『「空腹」こそ最強のクスリ』。

この本はオリエンタルラジオのあっちゃんこと中田敦彦さんがYou Tubeでも紹介して大絶賛された、ノーベル賞を受賞した食事方法の紹介本でもあります。

1日の間に16時間空腹の時間を作れば、その他は食事制限無し

それ以外の時間は糖質や脂質、お酒だってどれだけ食べて飲んでもオッケー。(お酒は健康面から程々に。)

この食事方法でどんな効果が得られるかというと、以下の通り。

  • 血圧、血糖値、コレステロール値が正常に戻る
  • クスリを使わず、ガン・認知症・糖尿病を予防・改善できる
  • アレルギーや花粉症からラクになる
  • 慢性的な疲れやだるさが解消される
  • 集中力が伸び、仕事のパフォーマンスが上がる
  • 肌荒れ、便秘、生理不順、PMSが改善する
  • おいしく食べながら、ダイエットに成功できる

本当にこんなにいいことがあるの?と疑問に思われる方もいますよね。

1年間実際に1日2食生活を続けてきた私が実感した効果についてまとめてみます。

スポンサーリンク

実感した効果5つ

私が実感した効果は以下の5つ。

  1. 血圧・血糖値・コレステロール値が正常に戻る
  2. 慢性的な疲れやだるさ改善
  3. 集中力が伸び、仕事のパフォーマンスが上がる
  4. 肌荒れ、便秘、生理不順、PMSが改善する
  5. おいしく食べながら、ダイエットに成功できる

それぞれ見ていきましょう。

血圧・血糖値・コレステロール値が正常に戻る

私はもともと健康診断で何かの数値が引っかかるようなことはありませんでした。

しかし、そんな状態からでも効果を実感できるような健康診断の結果が出たので紹介します。

具体的に効果を実感したのは①血圧、②コレステロール値の項目。

①血圧

前回の血圧は128/101でした。(130以上で高め)

今回の結果は105/68。

血圧は変動しやすいので一概に効果をうたうことは難しいです。

それでも誤差とは言えないくらいに改善されているのが見て取れますよね。

②コレステロール値

コレステロールは悪玉・善玉があり、単純に全て低ければいいということではありません。

一般的に悪玉コレステロールと善玉コレステロールの比(悪玉÷善玉)が2.0以上で動脈硬化が疑われます。

そのため悪玉を減らすことも大切ですが、いかに善玉を増やすかということが重要視されています。

今回の結果では

  • 悪玉が85(基準値70〜119)
  • 善玉が75.5(基準値45〜75)
    • 比率は1.12

きれいな血管の状態が伺えますね。

1日2食生活は病気の改善だけでなく、予防にも大きな効果が期待できそうですよね。

体は資本。

慢性的な疲れやだるさ改善

現代社会において疲れやだるさを感じないという人のほうが珍しいのではないでしょうか?

もちろん私も疲れやだるさを感じないということではありません。

それでも劇的に感じにくくなったとは感じています。

寝たはずなのに疲れが取れない体、休みの日にもただただ次の仕事の日が訪れることを恐れ、できるだけ体力の温存をしようと休日に何かに精力的になることもありませんでした。

現在では休みの日になるとパンづくりや読書、人とあって食事をするなど以前に比べたら充実した生活を送れていると感じます。

趣味や学習など、休日も目一杯楽しめる!

集中力が伸び、仕事のパフォーマンスが上がる

集中力が伸び、仕事のパフォーマンスが上がることに関しては、前述した慢性的な疲れやだるさが改善したことに追随して起こった効果。

疲れやだるさが取れたことにより、思考がスッキリまとまりやすくなります。

そのため、今やるべき仕事や出来事に集中し、パフォーマンスを上げることができました。

いつもは3時間かかっていた作業が2〜2時間半で終わり、余った時間を他のことに回せるようなイメージです。

仕事の内容だけでなく、普段の生活の中でも思考がスッキリしたことで「髪切ったね」「ネイル変えたね」といった他の人の変化にも気付いてコミュニケーションも円滑になりますし、「こんなお店あったんだ」「これについて学びたいな」といった余裕もできたと感じています。

集中して終わらせることで時間や余裕ができる!

肌荒れ、便秘、生理不順、PMSが改善する

私は普段、便秘になりやすい生活・体質でした。

1日2食生活をして不安だったのが、朝ごはんを抜くことでお腹が刺激されず更に便秘がひどくなるのではないかということ。

しかし結論から言うと、全く問題ありませんでした。

実は1日3食生活って胃腸にとってはブラック労働。

常に胃腸の中に食べ物があり消化をしているので、胃腸が休まる時間がありません。

1日2食生活にすることで胃腸を休める時間ができ、胃腸の働きが良くなるので逆に便秘が解消されました。

便秘が解消されると体の中の毒素や老廃物も排泄されるので肌荒れや生理不順なども改善されるというわけ。

しかし、すいません。私はもともと肌荒れや生理不順がない体質でしたのでそのへんに関する記述はできません。

便秘のモヤモヤからの開放。

おいしく食べながら、ダイエットに成功できる

現在の体重に関して、私の身長の標準体重から6キロほど少ない状態をキープできています。

1日2食生活をして3〜4ヶ月くらいで5キロほどの減量に成功し、それ以降はリバウンドすることなくその体重をキープ。

私にとっては今の体重がベストなのでしょう。

腹囲に関して言うと、こちらはどんどん更新されている感覚があります。

1日2食生活をしてはじめの頃は脂肪が落ちることでの腹囲の減少、今は腹筋が鍛えられることでの腹囲の減少(引き締まり)と感じています。

久しぶりにあった友人に「痩せた?」って聞かれました。

繰り返しになりますが、食事制限は16時間の空腹時間の確保以外何もしていません

運動に関しては、仕事が立ち仕事なので、それで毎日1万歩弱のウォーキング程度。

きついランニングやジム通いもしていません。

それでも体脂肪が減っているので少し筋トレをしたらきれいに筋肉が浮かんできます。

実際の私の1日のタイムスケジュール

それでは最後に私が実践している1日2食のタイムスケジュールを例として紹介して終わりにします。

私が実践している方法は朝食抜きの1日2食です。

13時から21時までに食事を済ませ、朝食を抜く形で16時間の空腹時間を作りました。

1日2食の1日の流れのタイムスケジュール

その間の食事は画像にある通り。

食事時間以外はカロリーを取りたくないので水を飲んでいます。

食事時間の13〜21時の間は本当に好きなものを好きなだけ食べています。

昼食は面倒なので内容を固定、夕飯はその日の気分で好きなものを食べます。

昼食や夕食以外の時間も食事時間であればお菓子や軽食なども気にせずに食べます。

ぶっちゃけた話、葉野菜をほとんど食べず、青汁で代替してしまっていますが、生活できています。(葉野菜も大切。改善の余地あり。)

最初の1ヶ月程度はお腹が減って仕方がありませんでしたが、そこを過ぎたら問題なく続けられるようになりました。

1ヶ月の間は水を飲んでいしのいだり、時間を忘れるような熱中する作業や仕事を空腹な時間に持ってくるなどすると良いですよ。

まとめ

以上、1日2食生活をして感じた効果のまとめでした。

結論、生活の質が良くなったのでこれからも続ける所存です。

もし気になった方は『「空腹」こそ最強のクスリ』に詳しい方法や実践するときのポイントが書いてありますので、是非一読して試してみてください。

復習として1日2食生活のメリット・デメリットもまとめていますのでこちらも参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました