テレビを捨てたデメリット5選。あなたはテレビ無しで生きられる?

日常

みなさん、テレビ見てますか?


最近は若者のテレビ離れなんて言われてますが、私もその内の一人。

前回はテレビを捨てたるメリットについてまとめました。

今回は実際にテレビ無し生活を一年続けた私の体験から、テレビを捨てたデメリットを解説していきます。

結論から言うとぶっちゃけなんにも困ってません

それでも強いて言うならこんなデメリットがあるかなぁってことをまとめてみました。
テレビを捨てようか迷ってる人はこれから挙げるデメリットも押さえてから考えてみてくださいね。

テレビを捨てた経緯

まず、なぜ私がテレビを捨てたのか、その経緯を簡単に説明します。

私の実家では母親がテレビのチャンネル権を握っており、自分達が見たいテレビが見れませんでした。

ゆとり
ゆとり

The かかあ天下。


そうなると学校ではドラマや音楽の話題についていけません。

はじめの頃はそれが嫌だったりもしましたが、慣れてくるんですよね。

あまり気にならなくなりました。


そうこうしている内に社会人で一人暮らしとなり、チャンネル権は私のもの。

ゆとり
ゆとり

さあ!何を見ようと誰にも文句は言われない!

何から見てやろうか!!!

と思ったのですが、蓋を開けてみると朝のニュース番組しか見ていませんでした。

しかも見ているというよりは準備してる時に時間を確認するために流しているだけのようなもの。

ふと思ったんですよね。

ゆとり
ゆとり

あれ、これテレビいらなくね?

思い立ったらすぐ行動。次の休みの日には業者さんに依頼して回収してもらいました。

テレビを捨てるデメリット

さて、テレビを捨てて一年ほど経つわけですが、実際困ったことって無いの?と疑問に思うかもしれませんね。
思い付くデメリットをあげてみましょう。

流行りのドラマや番組についていけない


やはりテレビ独自配信の流行りには疎くなります。

ただ、学生の頃ほど「◯◯知らないなんてありえない!」って感じじゃないので、「今はそんなのが流行ってるのね」くらいな感じです。

それに最近ではテレビ番組の方で「SNSで話題の〇〇特集」みたいな感じで、SNSで流行っているものを取り上げることも増えてきていますよね。

ゆとり
ゆとり

逆転する日はそう遠くない?

自分でニュースを調べないといけない

ニュースは自分で調べていないと「そんなことがあったんだ」ってことがあります。

それでもニュース自体はSNSやニュースアプリで気軽に調べられるのでそれほど困ったことはありません。

むしろ討論番組やワイドショーのように過激な意見や不安を煽るような意見が排除されたニュースアプリは事実のみを集める上では快適そのものです。

ただし、どうしても自分が知りたい情報に偏りがちになるという側面があるのは注意が必要ですね。

ゆとり
ゆとり

天気予報を調べずにいて、雪が降った日はさすがに困りました

変人扱いされる笑

「うち、テレビ無いんですよね」って話すと、9割方驚かれます。

そしてたまに変人扱いされます笑


でも色々聞いてみると、驚いているその人自身もテレビ番組はほとんど見てなくて、テレビでYouTube見てたり、動画配信サービス見てたり、テレビをモニターとして使ってる人も多いんですよね。

だから捨てたんだーって話すと、半分くらいの人はなるほどねって納得してます。

大きな画面が無くなる

一つ前のデメリットに書いたような、YouTubeや動画配信サービスを見ている人にとって、テレビが手頃なモニターになっている人も多いです。

一般的にはスマホやパソコンに比べたらテレビのほうが大きな画面になるので、テレビを捨ててしまうと映像の迫力は減少してしまう可能性があります。

ただし、テレビを捨ててNHKを解約したら年間1万3000円〜2万4千円程度の節約になるので、その分のお金で大きめのモニターやプロジェクターを買ったほうがトータルの満足度は大きいかな、と思います。

ゆとり
ゆとり

いつか私もプロジェクターを設置して大画面でアクション映画見るんだ!

暇つぶしがなくなる

意外と大きなデメリットとなるのがこの暇つぶし。

休日にやることもなくボーっとしてる時に絶好のお供になってくれるのがテレビだったりします。

ゆとり
ゆとり

なんか面白い番組やってないかなっと。ポチッ

テレビを捨てるとその空いてしまった時間を他のことで埋めなければなりません。

無趣味だったりすると、意外と辛い「何もしない時間」。

しかしこれは諸刃の剣でもあるのです!

いつも時間が足りないとか、時間ができたらあれをしたいと言ってたこと、ありませんか?

もしくはこの機会に新しいことを始めてみるのもアリですね。

ゆとり
ゆとり

時間を消費するか有効活用するかはあなた次第。

まとめ

以上、テレビを捨てるデメリットになり得る項目を5つまとめてみました。

個人的にはメリットと比べたときにテレビは不要と判断を下しました。

迷っている方はメリットとデメリットを見比べた上で判断してみてくださいね。


「要らないかも?」と思っているのならば思いきって捨ててしまうのもアリですよ。

ゆとり
ゆとり

アリよりのアリ。


もし「それでもなんだか不安だなぁ」って人は一度テレビを一度も見ない期間を作ってみるのがおすすめ。1ヶ月くらい試してみて困らなければ大丈夫、もう困りません。

捨てちゃおうと思った方はこちらの処分方法についてまとめた記事も参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました