【ドリンク】アリナミンV/V&V/7/ナイトリカバー/ゼリーの違いをどこよりもわかり易く解説

アリナミンドリンクの種類の違いをわかりやすく解説 健康
スポンサーリンク

アリナミンでエネルギーチャージ!と思ったときに、

え、こんなにあるの?

どこで調べても似たようなことが書いてある……。

結局何が違って、何を選べばいいの!?

と思ったことはありませんか?

このページではドラッグストア薬剤師がアリナミンのドリンクの違いをどこよりもわかりやすく解説します。

このページを見たらドリンク剤でどれを選べばいいのかわかるようになりますよ。

ドリンク剤だけでなく、錠剤タイプのアリナミンの違いも知りたい人はこちらもチェック。

参考▶【最強はどれ?】アリナミンA/EXプラス/EXプラスα/メディカルゴールド/50の種類の違いを解説!

スポンサーリンク

アリナミンV/V&V/7/ナイトリカバー/ゼリーの違い

アリナミンV/V&V/7/ナイトリカバー/ゼリーの違い

アリナミンのドリンク剤の一覧はこちら。

  1. アリナミンV
    • アリナミンV/Vゼロ
  2. アリナミンV&V
    • アリナミンV&V NEW/V&V ロイヤル
  3. アリナミン7
    • アリナミン7/ゼロ7
  4. アリナミンノンカフェイン
    • アリナミンナイトリカバー/Rオフ
  5. アリナミンゼリー状飲料
    • アリナミンメディカルバランス

大きく分けると5つのシリーズに分かれます。

どのシリーズにも共通しているのが『フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)』が配合されていること。

エネルギー産生に関わるビタミンです。

それぞれのドリンクの特徴を見ていくときの1つのポイントが、この『フルスルチアミンの配合量』になります。

抗疲労成分として、いろんなドリンクにも配合されています。

ポイントの2つ目になるのが、基本となるアリナミンVとの『成分の違い』

こちらにもそれぞれのドリンクの違いが出てきます。

このページではこの2点に絞って解説していきます。

アリナミンV/Vゼロ

一番ベースとなるシリーズです。

1つ目のポイントであるフルスルチアミンの配合量はこちら。

アリナミンV:5mg

アリナミンVゼロ:5mg

この量が一つの目安として頭の片隅においてください。

2つ目のポイントである配合成分の違いを見る前に、基準となるアリナミンVの成分を見てみましょう。

アリナミンV

ビタミン類5種+カフェイン。

ビタミン類はフルスルチアミンに加えて、ビタミンB2、B6、ニコチン酸アミド、アスパラギン酸ナトリウムを配合。

どれもエネルギーを作り出すときに役立ちます。

カフェインは意識をシャキッとさせたいときにおすすめですが、眠気を抑えてしまうので寝る前の服用は避けましょう。

では成分の違いを見てみます。

アリナミンVゼロ

イノシトールが追加で入ります。

糖類ゼロ。

イノシトールは動脈硬化や脂肪肝などの予防効果、神経細胞を正常に保つ効果があります。

カロリーが気になる人はVゼロを選びましょう。

総じてどちらも『エネルギーを作り出したい人』におすすめです。

アリナミンV&V NEW/V&V ロイヤル

1つ目のポイントであるフルスルチアミンの配合量は

アリナミンV&V NEW:10mg

アリナミンV&V ロイヤル:10mg

と、アリナミンVシリーズの倍量が配合されます。

よりしっかりと疲れを回復させたい!

という人はV&Vシリーズを選びましょう。

2つ目のポイント、その他の成分の違いは

アリナミンV&V NEW

タウリンとカルニチンがプラス配合。

アリナミンVよりも配合されているビタミンの量が多めです。

タウリンは心臓や肝臓の働きを高める、カルニチンは脂肪を燃やしてエネルギーにする働きがあります。

エネルギー産生を強化。

アリナミンV&V ロイヤル

タウリンとカルニチンがプラス配合。

アリナミンVよりも配合されているビタミンの量が多めです。

更に、ローヤルゼリーが配合。

ローヤルゼリーはたんぱく質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素が40種類以上含まれる成分です。

エネルギーを作るために必要な栄養も補給できます。

このシリーズはアリナミンVに比べて、『もっと高性能なドリンクがほしい!』という人におすすめです。

アリナミン7/ゼロ7

1つ目のポイントであるフルスルチアミンの配合量は

アリナミン7:2.5mg

アリナミンゼロ7:2.5mg

と、アリナミンVシリーズの半分

ちょっとリフレッシュしたいな。

というときにおすすめです。

2つ目のポイント、その他の成分の違いは

アリナミン7

タウリンが追加で配合。

アリナミンゼロ7

タウリンが追加で配合。

糖類ゼロ。

このシリーズはフルスルチアミンの量は減ってしまいますが、1瓶の量が増えます。

アリナミンVシリーズ:50ml

アリナミン7シリーズ:100ml

栄養ドリンクの濃い味が苦手……。

という人におすすめです。

アリナミンナイトリカバー/Rオフ

1つ目のポイントであるフルスルチアミンの配合量は

アリナミンナイトリカバー:1.1mg

アリナミンRオフ:3mg

と、どちらも少なめ

理由は後でも述べますが、「今すぐ元気になりたい!」というよりは

しっかり休んで体力を回復したい。

という人におすすめのものになります。

2つ目のポイント、その他の成分の違いを見てみると、

アリナミンナイトリカバー

アスパラギン酸ナトリウムがなくなる。

タウリン、グリシン、カルニチン、イノシトールが追加配合。

カフェインは入りません。

ここで新しく登場した“グリシン”とは、睡眠に関与するアミノ酸です。

栄養不良による睡眠の質を改善するのに役立ちます。

アリナミンRオフ

アスパラギン酸ナトリウムがなくなる。

カルニチン、バリン、ロイシン、イソロイシンが追加配合。

カフェインは入りません。

糖類ゼロ。

“バリン・ロイシン・イソロイシン”は筋肉のエネルギー源となるアミノ酸。

体をよく動かす人におすすめの栄養ですね。

こちらのシリーズはどちらもノンカフェインなので、寝る前にも使用できます。

寝る前に栄養補給して、しっかりと体を休めたい。

という人におすすめです。

アリナミンメディカルバランス

1つ目のポイントであるフルスルチアミンの配合量は

アリナミンメディカルバランス:1.5mg

と、少なめ

2つ目のポイント、他の成分の違いは

アリナミンメディカルバランス

タウリン、ローヤルゼリーを追加配合。

どこでも飲めるパウチタイプなので、食欲不振時の栄養補給にも使いやすくなっています。

ただし、通常のゼリー飲料に比べてカロリーは控えめなので、あくまでサポートとして使うようにしましょう。

アリナミンメディカルバランス:109kcal

ウィダーインゼリー:180kcal

カロリーメイトゼリー:200kcal

スポンサーリンク

まとめ:栄養ドリンクもしっかりと選ぼう!

栄養ドリンクもしっかりと選ぼう!

以上、アリナミンのドリンクの違いまとめでした。

これだけでも9種類あるので、どれを選んだらいいのかわからなくなってしまいますよね。

  1. アリナミンV
    • アリナミンV:一番ベースのドリンク
    • アリナミンVゼロ:糖類ゼロ
  2. アリナミンV&V
    • アリナミンV&V NEW:エネルギー産生を強化
    • アリナミンV&V ロイヤル:エネルギー産生+栄養補給
  3. アリナミン7
    • アリナミン7:リフレッシュに
    • アリナミンゼロ7:糖類ゼロ
  4. アリナミンノンカフェイン
    • アリナミンナイトリカバー:睡眠の質改善
    • アリナミンRオフ:肉体疲労に
  5. アリナミンゼリー状飲料
    • アリナミンメディカルバランス:飲みやすいパウチタイプ

ここで紹介した内容を参考に、自分に合った栄養ドリンクを選んでくださいね。

アリナミンだけではなくドリンク剤の違いが知りたい人はこちら。

参考▶【栄養ドリンク】リポビタン、アリナミン、キューピーコーワ、ユンケルの違い解説

アリナミンのドリンクだけでなく、錠剤タイプのアリナミンの違いも知りたい人はこちらのページも見てみてください。

参考▶【最強はどれ?】アリナミンA/EXプラス/EXプラスα/メディカルゴールド/50の種類の違いを解説!

関連ページ▶【新人からベテランまで】ドラッグストア薬剤師におすすめの勉強本10選!

関連記事▶【試験合格後】登録販売者が現場で役に立つおすすめの勉強本10選

もし今回の内容がいいなと思っていただけましたら、下のボタンをポチッとしてもらえたら嬉しいです。

あなたのサイトやブログへのリンクも気軽にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました